WiMAXとワイモバイルの無制限プランを比較

インターネットをする際、通信速度が遅い場合だと、動画などを見ているときに突然止まってしまったり、ファイルをダウンロードするのに相当時間がかかったりしてしまいます。
WiMAXの通信速度は光回線と比べて遅く、このようなことが起きる可能性が、それよりも高いと考えられます。
最新版のWiMAX2+の場合の通信速度は最大440Mbpsとなっていますが、あくまでもベストエフォート式であるため、実際にそれだけの速度が出ている可能性は低いです。
実際に出ている速度は、インターネット上にあるスピードテストなどのサイトで測ってみると分かりますよ。
このように通信速度の面でデメリットがあるWiMAXを、少しでも快適に利用できるようにする方法に関して紹介したいと思います。

 

 

まず、契約しているWiMAXの種類が先述したWiMAX2+でなく、旧式のWiMAXの場合だと、速度にかなりの差が出ています。
具体的な数字でいえば、現在の最大通信速度で13.3Mbpsとなっています。
なので、旧式でインターネットを利用している場合は、現在の方式に機種変更するか新しいものに変えると速度が向上する可能性が高まります。
なお、旧WiMAXの端末からWiMAX2+への機種変更の場合は無料なこともあるので、プロバイダのページなどで確認した方が良いでしょう。

 

 

WiMAXの機器の置き方によっても通信速度が向上する可能性があります。
なぜなら、WiMAXの電波はまっすぐにしか進まず、障害物に弱い特性があるからです。
つまり、機器をカバンの中に入れた状態だったり、機器の周辺に他のものを置いた状態だったりした場合は通信速度が落ちることになりますので注意が必要です。
また、無線LANと同じように他の電波との干渉もありますので、この場合は干渉が起こりにくい5GHzモードに切り替えることで速度向上に繋がる可能性があります。

 

 

最後に、WiMAXのプランには使い放題とされていても、上限があることやサービスエリアの範囲外の場合だと最速のモードが使えないことなどを理解しておくことも大事です。