WiMAXとワイモバイルの無制限プランを比較

 

自宅や外出先など、どこにでも持ち運び可能でインターネット通信が行えるモバイルWiFiルーターですが、特に有名ものに「ワイモバイルのポケットWi-Fi」と「UQコミュニケーションズのWiMAX」があります。
契約後に後悔しないモバイルWi-Fiルーターを選ぶには、いくつかの比較すべきポイントがありますが、安くて思いきりインターネット通信を楽しみたいのであればWiMAXがおすすめです。
ただWiMAXサービスを提供しているプロバイダはUQコミュニケーションズ以外にも複数あり、それぞれキャンペーン内容によって料金が異なるためどのプロバイダで契約したらいいのか悩みますよね。
そこで今回はモバイルWi-Fiルーターを選ぶ際のポイントやおすすめのWiMAXプロバイダを紹介します。

 

 


ポケットWi-Fiを選ぶ際のポイント

モバイルWi-Fiルーターは固定回線と違ってデータ通信を行える場所が特定しておらず、回線工事も不要なため、その手軽さから契約者は増えています。
中でも「ワイモバイルのポケットWi-Fi」と「UQコミュニケーションズのWiMAX」は高速データ通信が行えるうえ、データ量に上限がないプランも用意されているので、この2つで検討している人は多いでしょう。
どちらもモバイルWi-Fiルーターとして似ていますが、比較する内容によって異なる点があります。
そこで「通信速度」「通信エリア」「契約プランと端末の種類」の3点の比較するポイントを押さえていきましょう。

 

 

通信速度

 

通信速度において、ワイモバイルのポケットWi-Fiでは下り最大612Mbps、UQコミュニケーションズのWiMAXでは下り最大440Mbpsを打ち出しています。
しかしこれはあくまでモバイルWi-Fiルーターが対応可能な最大速度を示しているだけで、実際に通信する際の速度は場所によって異なります。
各プロバイダのサービスエリアによって回線速度の実測値は異なりますが、一般的にデータ容量を多く消費する動画鑑賞でも5?6Mbps程度の回線速度が出ていればストレスなく視聴可能だといわれています。
そのため、通信速度においてはどのプロバイダでもサービスエリア内であればほとんど問題なくインターネット通信を楽しめるでしょう。
ただし問題なのは、各プロバイダが回線の混雑を避けるために独自で定めている速度制限が適用された際の通信速度です。
データ通信量に上限のあるプランにおいては、どのプロバイダでも上限を超えた際に一気に通信速度が低下し当月末までほとんど通信が行えない状況になるのは同じです。
しかし3日間に消費した通信量の合計において適用される場合の速度制限おいては、プロバイダによって違いがあります。
例えばドコモの回線を利用してモバイルWi-Fiルーターを提供しているスマモバの場合、通信量使い放題のプランにて3日間の使用データ通信量の合計が3GBを超えると速度制限の対象となり通信速度が大きく低下します。
一方ワイモバイルのポケットWi-FiとUQコミュニケーションズのWiMAXの場合、3日間のデータ通信量の合計が10GBを超えた際に制限が適用されるので、スマモバよりも条件が緩いのです。
このようにモバイルWi-Fiルーターを選ぶ際は、どうしても最大通信速度に注目してしまいがちですが、実は速度制限内容の方が選ぶを重要なポイントとして押さえておく必要があります。

 

 

通信エリア

 

通信エリアにおいてモバイルWi-Fiルーターで有名なワイモバイルとUQコミュニケーションズでは、どちらも人口カバー率が99%を超えているためそれほど違いはありません。
ただし各データ通信に利用される通信方式によってつながりやすさは変わります。
ワイモバイルのポケットWi-Fiの場合、3G/LTE/AXGP回線を使用して通信を行っているのですが、中でもLTEはプラチナバンドと呼ばれる約800MHzの低い周波数帯を利用しているため、電波の直進性が弱く建物内や地方でもつながりやすい特徴があります。
一方UQコミュニケーションズのWiMAX回線は2.5GHzと高い周波数帯を利用しており、直進性が強く建物などの障害物を苦手としているので電波が遠くまで届きにくい特徴があるのです。
しかし、だからといってWiMAXが不利なわけではありません。
ワイモバイルは無制限プラン以外であればデータ通信量の上限に達するまでLTE回線を利用したデータ通信を行えますが、無制限プランの場合7GBまではLTE回線を利用できますが、それ以降はAXGP回線のみでのデータ通信となるのです。
なおAXGPはWiMAXよりも高い周波数帯を使用しており、つながりやすさにおいてはWiMAXに負けてしまいます。
そのため7GBまではLTE回線を使用しているワイモバイルの方がつながりやすくても、それ以降はWiMAX回線の方が有利となるのです。

 

 

 

料金プランと端末の種類

 

プロバイダ 料金プラン データ容量 月額料金 対象端末
WiMAX 通常 7GB 3,696円 全端末
ギガ放題 上限なし 4,380円 全端末
ポケットWi-Fi プランL 上限なし 4,380円 305ZT
プランSS 5GB 2,480円 401HW
プラン2ライト 5GB 2,480円 506HW
プラン2  7GB 3,696円 603HW/504HW/502HW

 

 

上の表は無制限プランのあるワイモバイルのポケットWi-FiとUQコミュニケーションズの料金プランと対象端末をまとめたものです。
料金プランが2種類しかないWiMAXに比べてポケットWi-Fiは4種類と多く揃っており、7GBからしか料金プランのないWiMAXに比べて5GBからプランが用意されているポケットWi-Fiは、月間に使用するデータ容量をあまり消費しない人に向いているといえます。
ただしデータ通信量に制限のあるプランの場合、月間に使用可能な通信量を超えると当月末まで通信速度が128kbpsまで低下するので注意する必要があります。
一方データ容量を気にせずにインターネット通信を思いきり楽しみたい人であれば、どちらも無制限プランが用意されています。
中には、どちらで契約しても同じではないかと思う人もいるでしょう。
ですが上の表を見てみると、全端末対象のWiMAXと違ってポケットWi-Fiではプランによって使用できる端末が限られていることが分かります。
データ通信量無制限プランの場合、WiMAXでは下り最大440Mbpsで通信を行える最新端末やLTEオプション対応端末など好きな端末を自由に選択することができますが、ポケットWi-Fiでは下り最大187.5Mbpsの端末しか選択肢がありません。
そのため、WiMAXはポケットWi-Fiよりも対応速度が早い端末でインターネット通信を行えるメリットがあるのです。
さらにWiMAXの場合、UQコミュニケーションズの回線を借りてWiMAXを提供しているMVNOを呼ばれるプロバイダが複数あり、独自でWiMAXキャンペーンを行っているので他のモバイルWi-Fiルーターより料金面でもお得に契約することもできます。

モバイルルーターはWiMAXが一番おすすめ

 

モバイルWi-Fiルーターを決める際のポイント比較してから見て、高速通信で通信量の上限を気にせずに思いきりインターネットをお得に楽しめるのはWiMAXです。
また、WiMAXはLTEオプション対応の機種を選ぶと通信モードをハイスピードプラスエリアモードに切り替えるだけで、より電波の届きやすいauの4G LTE回線を使用することができます。
オプション料金として月額1,005円が課金されますが、つながりにくい場所でも通信を行えるようになるので、地方への出張などでデータ通信が必要な場合でも安心です。
さらに3日10GB制限においてはどのプロバイダよりも条件が緩いので、速度制限が適用されにくいのは大きなメリットといえます。

 

WiMAXサービスはどのプロバイダも同じ?

 

UQコミュニケーションズをはじめWiMAXプロバイダは多く存在しますが、WiMAXの通信サービスにおいてはどこで契約しても同じです。
キャッシュバックや月額料金割引などさまざまな独自キャンペーンを行っているWiMAXのMVNOのプロバイダでは、集客を図るために料金面で他社との差を生み出しています。
料金が安いから通信品質もあまり良くないのではないかと考えるかもしれませんが、前にも述べたようにMVNOのプロバイダはUQコミュニケーションズの回線を借りてWiMAXサービスを提供しているので、どのプロバイダで契約してもUQコミュニケーションズの提供するWiMAXと同じ品質で使用することができるのです。
もちろん料金プランやサービスエリア、速度制限においても違いはないので、WiMAXプロバイダを検討する際は主にキャンペーン内容を比較するといいでしょう。

 

どのWiMAXプロバイダで契約した方がいいの?

キャンペーン適用でお得に契約できるWiMAXプロバイダが複数ある中、ここではBroad WiMAXをおすすめします。

 

契約するならBroad WiMAX

 

WiMAXを契約する際、多くの人が高額キャッシュバックキャンペーンを行っているプロバイダには一見魅力的に見えますよねを感じているのではないでしょうか。
しかしキャッシュバック特典には受け取り手続きが必要で、受け取れる時期も約1年後と遅めです。
特に高額キャッシュバックで有名なGMOとくとくBBの場合、手続き方法が煩雑なため、特典が失効となり受け取れなかったという評判をネット上で多く見かけます。
一方、月額料金割引キャンペーンは手続きが不要なので、適用されずに損をすることがありません。
その点、Broad WiMAXでは業界最安級の月額料金割引キャンペーンを行っているので、お得にWiMAXを契約することができるのです。

 

 

Broad WiMAXのキャンペーン内容は?

 

Broad WiMAXでは低価格の月額料金と3つの特典でお得にWiMAXを契約できる月額料金割引キャンペーンを行っています。
月額料金においてどれほど安いのかをUQコミュニケーションズと比較してみましょう。

 

プロバイダ 通常プラン Broad WiMAX
UQコミュニケーションズ 3,696円 4,380円
Broad WiMAX 2,726円 3,411円(3ヵ月目まで2,726円)

 

上の表を見てみるとBroad WiMAXでキャンペーンを適用すると月額料金を大きく抑えることができることが分かります。
そこで2年間に支払う月額料金を計算してみると、通常プラン(ライトプラン)では24,250円、ギガ放題プランでは26,965円お得になります。
この時点で平均30,000円のキャッシュバックを行っているGMOとくとくBBには及ばなくとも、2万円程度のキャッシュバックを行っている他社プロバイダよりはお得にWiMAXを契約することができます。
さらに、Broad WiMAXのキャンペーンに適用される3つの特典は下記の通りです。

 

初期費用18,857円が無料

 

Broad WiMAXではWiMAXを契約する際に初期費用として18,857円が発生しますがキャンペーンを適用することで初期費用を無料にすることができます。
ただしこの特典を適用するには下記の2つの条件を満たしている必要があります。

  • 月額最安プランをクレジットカード払いにて申し込むこと
  • 安心サポートプラス、My Broadサポートのオプションに加入すること

学生や新社会人の方などWiMAXの契約を検討している人の中にはクレジットカードを持っていない人もいるかもしれませんが、残念ながらこの特典には口座振替での支払方法は対象となっていません。
またオプション加入においてMy Broadサポートは最大2ヵ月間無料ですが、安心サポートプラスは初月から月額550円が課金されるので気をつけておく必要があります。
なおこれら2つのオプションは加入後の無料期間内に端末の到着後に解約することができるので、不要なら人は忘れずに解約手続きを行うようにしましょう。

 

全端末どれを選んでも無料

 

WiMAXプロバイダによっては端末代金を分割払いとしているところもありますが、Broad WiMAXでキャンペーンを適用した場合、W04/WX03/L01/novas HOME+CA/URoad-Stickの中から無料でWiMAX端末を選択することができます。
下り最大440Mbpsの最新端末からホームルーターまで端末のラインナップが揃っているのは契約者にとっても嬉しいですね。

 

2台目の初期費用が無料

 

1台は自宅用、もう1台は外出用などWiMAXを2台契約することを考えている場合、キャンペーンを適用することで2台目の初期費用を10,000円割引することができます。
2台契約で28,857円も節約することができるのは大変お得ですね。

 

このようにBroad WiMAXには人気のキャッシュバックキャンペーンを用意していないものの、他社プロバイダよりもお得にWiMAXを使用することができます。
ただしキャンペンーンに含まれる3つの特典の条件として共通するのは、公式サイトのWebフォームから申し込むということです。
中にはWeb上での申し込みが面倒だと思う人もいるかもしれませんが、電話での申し込みではキャンペーンを利用できませんので注意しておきましょう。

まとめ

 

モバイルWi-Fiルーターを提供しているプロバイダは複数ありますが、契約後に後悔しないためには「 通信速度」「通信エリア」「契約プランと端末の種類」を比較することが大切です。
中でもWiMAXのギガ放題プランは高速通信でデータ通信量無制限なので、動画視聴や容量の大きいデータの送受信などデータ量を多く消費する通信を行っても上限を気にすることなく思いきりインターネットに接続することができるのですることができて大変おすすめです。
ただしWiMAXを契約する場合、高額キャッシュバックを行っているプロバイダが魅力的に見えますがで申し込みを考える人もいるかもしれませんが、キャッシュバックの受け取り方法には落とし穴がありは煩雑なうえ、手続きを忘れると特典失効となる可能性があります。
そのため手続き不要で確実に安くなる月額料金割引キャンペーンがおすすめです。
そこで業界最安級の月額料金を打ち出しているのがBroad WiMAXです。
キャンペーン特典にはいくつかの条件がありますが、それさえ満たしていれば月額料金だけでも24,000円以上お得になるのです。
高額キャッシュバックは魅力的ですが受け取れないリスクも大きいので、確実にお得にできる月額料金割引キャンペーンを検討してみてはいかかでしょう。

更新履歴